セノッピーを食べ過ぎて、過剰摂取するとどうなるの?

セノッピー・グミを過剰摂取するとどうなるの?

セノッピーは、お子さんの成長期をサポートする美味しいグミ状のサプリメント。
お子さんの成長を促すための様々な性゛分が配合されている「栄養機能食品」です。

 

無添加のブドウ味のグミを1日に2粒食べるだけで、ジャンクフードやファーストフードで乱れているお子さんたちの食生活に、不足しやすい大切な栄養素を補ってくれます。

 

さて、そんなセノッピーを、もし食べ過ぎて、過剰摂取してしまったら何か副作用や体にデメリットなどはあるのでしょうか?

 

セノッピーを過剰摂取するとどうなるの?

 

セノッピーの、推奨されている利用方法は「1日2粒を目安によく噛んで食べる」というものです。

 

でも、大人が食べても「美味しい!」と感じるブドウ味のグミなので、中には親御さんの目の届かないところでパクパクとおやつのように食べてしまうお子さんもいるようです。
そうなると「副作用」や何かだメリットがあるんじゃ?と心配になってしまいますよね。

 

結論から言うと、セノッピーを少々多めに食べたからといって健康被害が起きることはありません。

 

セノッピーの主な成分を摂り過ぎたケースを考えてみます。

 

・乳酸菌…もともと腸に棲んでいるものなので、摂りすぎでも問題はありません。通常はとの過ぎた分は1日〜2日で体外に排出されます。
・ビタミンD…過剰に摂取すると嘔吐、食欲不振、体重減少などが症状としてあらわれることがありますが、セノッピーに配合されている量で、そこまでの症状を起こすことは考えにくい含有量です。

 

注意点

 

セノッピーは「栄養機能食品」であり、病気の予防や治療の効果を期待出来るものではありません。
過剰に食べても効果が得られるというものではありませんので、メーカーの推奨量を守るのがよさそうですね。

page top